ヒョウモントカゲモドキ 魅力

爬虫類嫌いによるヒョウモントカゲモドキ(レオパ)の飼育ブログ

ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)の魅力やメリット・デメリットなど

ども、管理人でーす。

ではでは、記念すべき一発目の記事を仕上げて、
その勢いのまんま、
二発目の記事をサクっと書いちゃうか。

ちなみに、一発目はこちら。

爬虫類の飼わず嫌いだった男がヒョウモントカゲモドキの飼育スタート!

で、二発目の記事テーマは、
ズバリ「ヒョウモントカゲモドキ可愛いぜ?」って話だね。

うん、結局それ(笑)

もちろん、記事タイトルの通り、
飼育にあたってデメリットの部分にも触れてくけど。

やっぱほら、たかだか一週間足らずだけど、
オレは実際にレオパを飼ってる人間なのよ。

だから、どーしても
可愛いって感じでゴリ推しちゃいます(笑)

sponsored link

ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)ってどんなん?

つっても、まずはアレです。

魅力やメリット・デメリットの話の前に、
オレが知ってる範囲で、
ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)について書いとくねー。

まー今こうしてブログを読んでる時点で、
きっと飼い主さんか、
検討中の方なんだと思いますけど・・・(笑)

えーと、まずは、
ヒョウモン~とレオパって呼び名の、
「どっちがポピュラーの?」って話でも・・・。

まず「ヒョウモントカゲモドキ」ってのは、
和名にあたるみたいだね。

日本でしか通用しない呼び名です。

で、「じゃあ海外では何て呼ばれてんの?」っていうと・・・

それが「Leopard Gecko」、
つまりレオパードゲッコーであり、
「レオパ」って略して呼ばれてる理由にあたる感じ。

それから言い忘れましたが、
この記事はこちらのブログに感化されて書いています。

ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)の飼育レイアウト

で、実際にオレがペットショップの店員さん、
これまでに複数人と話してみた結果・・・

レオパのがポピュラーだと思うよ。

少なくともオレ調べでは、
店員さんの「レオパ」率は100%だ(笑)

まーただね、ネット検索するとなると、
レオパって検索すると、
アパートのレオパが出てくること多いんだよね。
WS000045

だから、ネットで検索する時は、
「ヒョウモントカゲモドキ ○○」って良いんでない?

ちなみに当ブログも、その辺を考慮してたりする。

まーそれはさて置き・・・。

本来、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)くんは、
日本にはとーぜん住んでなくて・・・

アフガニスタンとかインド、
パキスタンなどなど。

わりと暑くて乾燥した地域の住民のようです。

そう、だから温度管理が大切で、

「なるべく環境を最適化してあげること」

ってのが飼い主の仕事なわけだね。

温度管理ぬきで、
日本の気候で生活させたら、
最悪、フツーに召されるので・・・。

まー爬虫類のなかでは、
レオパはタフな体質の持ち主のようだけどね。

あと厳密にいうと、日本に出回ってるよーな
ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)のほとんどは、
野生の現地採取ではなく、繁殖によって広まってるみたい。

そういうタイプを「CB」と呼びます。

逆に、野生の現地採取したヤツは、
「WC」と呼ぶので、まー頭の片隅にでも。

ということで、とりあえず前置きはこの辺でいっか(笑)

復習はおわり!

ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)の魅力やメリット

さ、じゃあオレが思う、
彼らの魅力とかメリットについていきまーす!

まず自分で書いといて何だけど・・・。

飼育にあたって魅力があるのは分かるけど、
「メリットッて何?」って思うよね(笑)

ほんと自分で書いといてアレだけど。

少なくとも、ペットに
生産的な何かを求めてる人は少ないと思うんだ・・・(笑)

もうそれ家畜やん(笑)

そう、だからここでは、
魅力とメリットについては、
混合して考えていこうと思います。

sponsored link

・・・で!

他の爬虫類には基本的に無い、
レオパ独特の魅力といえば・・・

やっぱり「まぶたが可愛い」って部分だと思うよ。
無題

まぶたがあると無いとでは、
印象がまったく違うと思います。

例えば、人間のメスだって(笑)
つけまつげしたり、涙ぶくろをメイクで作ったり・・・。

身体全体でみたら、とっても細かいことだけど、
それだけで印象が大きく変わるよねー。

で、あとは「トイレを覚えてくれる」ことだね。

これまた他の爬虫類にはあまりない、
レオパ独特の魅力やメリットと言っても良いと思う。

いやーウチの子もね?

最初は、シェルターっていう隠れ家の上にしてたんよ。
2015-02-22 19.25.56

だけど、それを洗ったりが手間だから、
キッチンペーパーを重ねた
特設トイレに変えてもらったの。

そしたら、その特設部分の
取り替えだけで済むからね。

まー詳しくはたぶん今後の飼育日誌で。

トイレの覚えさせ方は簡単です。

「最初にトイレした場所」にあるブツを、
「覚えさせたいポイント」に置いておくだけ。

ね、簡単でしょ?

ちなみにウチの子の場合は、
3回目くらいで覚えて定着しました。

定着するまでは「最初にトイレした場所」ばっかだけど、
めげずに「ポイント」に移せば大丈夫。

ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)を飼育するデメリット

うわーだいぶ長くなっちゃった(笑)

うん、だからデメリットはサクっといくか!

で、ここでお伝えするデメリットは、
慣れによって解消できる部分でもあります。

だから検討中の方は、
ちゃんと責任を持ってるなら、
そこまで気にしなくても良いかもって感じ。

ということで、そのデメリットの1つ目は、
「コオロギを保管しないといけない」ことですね。

いやーオレもさー、コオロギとか好きじゃないよ。

むしろ「好きか?嫌いか?」の二択だったら嫌いな部類です。

2015-02-23 13.59.00

でも、飼い主としてのペット愛があれば、
コオロギをピンセットで摘んだり余裕のはず、

まーコオロギ無しでも飼育できるようです。

ただ、それなりに知識が無いとアレなので、
無難にコオロギメインで餌をあげるのがベターかと。

で、最後にもうひとつ。

2つ目のデメリットは・・・

「愛情のギブ&テイクは期待できない」ことです。

どういうことかというと、
こちらが注いだ愛情の分だけ、
レオパが返してくれるとは限りません。

要は、犬のように、
「構ってくれワン!」って性質は無い感じ。

「慣れてくれる」けど「懐いてくれる」訳じゃないみたいねー。

例えば、ウチの子も最初は、
オレが覗くとビビってシェルターに入っちゃうの。

でも、数日経って慣れると、
覗いてもビビらないし、
「なんだお前か。」って感じでまた無防備に寝だす(笑)

犬だったら「わーご主人さまだー!遊んでー♪」って感じでしょ?

でもヒョウモントカゲモドキ(レオパ)は、
そういう愛嬌はほぼ無いと思いますよ。

ただ、まだオレは経験が無いけど、
長い間一緒にいると「お?エサくれるのか?」って感じで、
飼い主に反応して近づいてくることがあるようです。

そう、だから早くこの領域にいきたいよねー!

まー個体差によって、
性格の違いも予想以上にあるみたいだけど。

・・・ってなげぇーよ!(笑)

うわーすごく長文になってしまった(笑)

自分でもビックリ。

まーそんなこんなで、
オレ的な魅力やメリット・デメリットを書いてたら、
こんなに長い記事になってもーた。

全然伝えたらんのはナゼだろう(笑)

我ながらウケるわ。

うん、とりあえず今日はこのくらいで!

 

sponsored link


■SNSへの共有はこちらからできるみたいです

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: